FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の昔話

本日は昔話のあれこれ

世界の国々にはさまざまな昔話があります
どれもその国の風土に合ったお話が多く、尚且つ含蓄のあるものがほとんどです
その中でもやはり一番馴染み深いのが日本の昔話
日本に住んでいるのですから当然と言えば当然かもしれません
いまどきのお子さんはあまり馴染みないかもしれませんが、20台も後半の人なら
お尻を出した子一等賞の歌を聞けば懐かしく思うものです
最近は公園で泥酔状態の人がお尻を出しても一等賞にはなれませんが前科一犯くらいにはなってしまうようです

さて、昔話と言ってもさまざまなお話がありますが
なぜか一番多い登場人物はおじいさんとおばあさんのようです
”むかしむかしあるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました”
何故おじいさんとおばあさんが多いか?
それはもちろん社会情勢に配慮してのことです
理由がわからない人も多いようなので、おじいさんとおばあさんを無職童貞の20台男性にしてみましょう

桃太郎を拾ったのが「」さんだったら、当然桃太郎が桃から出てきた瞬間に
「これはこれは、しょたとかよくわかってますね、おいしそうなももじりをさっそくいただきましょう(せいてきないみで)」

かぐやひめを拾ったのが「」さんだったら、当然かぐやひめが竹から出てきた瞬間に
「これはこれは、ペドとかよくわかってますね、こかんのたけのこがたけとりのおっきなになっちゃう」

かちかち山で狸と戦ったのが「」さんだったら
「けもっくすとかもうさいこう、たぬきとうさぎにぼくのこかんもカチカチやま」

一寸法師が「」だったら
「すかるふぁっくとかてきせいさいず」

明らかにお子様の性癖が困った方向で決定されてしまいます

それよりも昔話にはエルフを描いた作品が少ない点に憤りを感じてしまう今日この頃

散歩中に罠にかかったエルフを助けてエルフの恩返しくらいあってもいいと思います


コメントの投稿

非公開コメント

なんでブログのテーマ変えただけなのに呼吸困難になりそうなほど笑ってるんだろ俺…

才能に嫉妬 誰が上手いことを言えと

はい…

笑いすぎて喘息が悪化した
どうしてくれる
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。