スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイバーパンクの話

今日のお話はサイバーパンクの話

いやどちらかというとスチームパンクの方が好きなんです
サイバーパンクとスチームパンクがどう違うかってサイバーパンクは美女サイボーグが立ち食い蕎麦食ったり街中の人は大概ヤクをキめてエアバイクをかっ飛ばして
企業が世界を牛耳ってるみたいな
そんな感じだと思ってます

スチームパンクというと、謎のガジェットで怪光線の出る銃を持った少年探偵が蒸気で動くからくりロボをコンターーーーク!とか叫びながら起動して美女の馬賊と戦ったり
ルガーを愛する中年が妖怪と戦ったり
そんな感じじゃないかと思ってます

どちらも重要なのは”男はおっさん””女はグラマラス&ミステリアス”なところで
パンクとはおっさんとババア結婚してくれの世界だと私は言いたい
そうは言ってもスチームパンクに半ズボンショタの存在は欠かせませんので
おちんちんランドももちろんOK、ショタのおちんちんにガジェット警部みたいな

夢いっぱいですね
夢おっぱいですね

いまいち納得できないのが、スチームもサイバーも出てくるお姉ちゃんはババアばっかりなんですよね
基本コブラみたいな感じで
パンクと言えばモヒカン頭のヤクいさんが女性の基本スタイルみたいで
なぜかおっぱいがモデル級に形良く、尚且つおっぱいの面積比率8:2くらいで露出している服の意味無いんじゃないでしょかー?みたいな服で現れます(しかし乳首は見えません)

そういえば、昔はTOKYO N◎VAとか好きだったものですが
今でもやってる人居るんでしょうかね
ダークスーツに身を包んだ企業サムライが高周波カタナを振り回して摩天楼を飛び回るなんて聞いただけで昔は小便ちびるくらいかっこよく思えたものです

でもサイバーパンクとか言ったら当然目玉は”企業の新薬実験の実験体にされていた美少女”とかに決まってるじゃないですか
こう、うだつのあがらない何でも屋を営む私の元にある日送られてくる一通のメール
一攫千金を夢見て草臥れたコート一枚をひっかけた私が企業に潜入
並み居る戦闘サイボーグを骨董品の銃で倒しつつ
たどり着いた先には機械に繋がれた美少女が
実験のせいで言葉を失った美少女と中年何でも屋の生活が始まる
みたいな?
もちろん最後に少女は言葉を取り戻すのですが
それをみたおっさんは少女をもっと良い環境で生活させようとするわけですが
少女はそれを拒否します
「おいおい、そりゃどういう了見だ?昔のヤクで頭がいかれちまったのか?」
「いいえ、私はいたって正常よ」
「なら、こんなゴミタメより綺麗なシティで暮らす方を選ぶのがスジってもんだ」
「じゃあおじさんは、ここよりも綺麗でこざっぱりしたシティに住みたいと思うの?」
「馬鹿言っちゃいけない、俺があんなとこに行ったら消毒されて消えて無くなっちまう、お前は違うだろう?それに、お前は女の子だ、ココにゃあ似合わない」
「女だってブロイラーより野生の鶏の方がおいしいって感じるのは一緒よ」
「俺は地鶏かよ」
「鶏が嫌ならキツツキでもいいわよ?」(ちゅ

みたいなー
サイバーパンクよりサイバーパンツの方が嬉しいなという話でした




コメントの投稿

非公開コメント

No title

なんだろう
今日は「」に『ハードワイヤード』をすすめたい気分だ

No title

トーキョーN◎VAはいいものだったよ
最近はさっぱり見ないけど

No title

先月までチバ・シティに住んでたんだけど
本で読んだより治安が良かった事を思い出した

No title

僕はサイバーパンツよりサイバースパッツのほうがいいなぁ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。