FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奴隷制度について

本日のお話は「奴隷制度について」

一般に奴隷と言いますと10人中10人が僕の可愛い性奴隷を想像すると思いますが
それはあくまで最近の話となります
古来より奴隷制度と言えば足りない肉体労働者を安価に手に入れる方法として重宝されてきました
しかし、如何に安価とは言えあくまでランニングコストの話であって
イニシャル的な面ではそうそう安価とは言いがたいかもしれません
奴隷単体の売買にはある程度の金額が必要となってきますし
古代ローマの剣闘士ともなればかなりの金額になる場合もありました
修練闘士(セヴァール)ともなると金額では計り知れないほどの価値にもなります

とはいえ、そこまではまだ個人の話で
奴隷を手に入れようとすると、まず国家間の戦争が必要となります
未開の土地を開拓しての奴隷供給もありますが
そのレベルで考えると非常にコスト高と言わざるを得ません

また、よく有名なのがピラミッドを作った人達の話
実際はあの人達は奴隷ではなかったそうですね
思い巨石を鞭打たれながら運ぶ映像のせいで奴隷という認識が広まったのかもしれません
まぁ、確かによく考えてみれば、奴隷だった場合あの危険で正確性の必要とされる作業は不可能でしょうし
それ以前にモチベーションが保てないと思われます
実際は普通にお休みももらえたそうですし、単なる国家プロジェクトに参加した国民=職人といった扱いだったのかもしれませんね

ここまで話してきて、皆さんは「あれ?エルフおっぱい奴隷の話が出てこないよ?不安で胸が潰れそうだよ!」と心拍数を極端に跳ね上げているかと思われますが

よく考えてください、エルフに奴隷なんて居ないのです
ちょっと高慢ちきだからってエルフに鞭打つなんてできるわけが無いじゃないですか
高慢ちきなエルフは薬と快楽責めで落せ、おじいちゃんの遺言です

どうしてもエルフに鞭打ちたい場合はそれなりの準備を整えてプレイの一環として行うのがいいでしょう
ラバーイズラブ
エルフに対する肉体的嗜虐は愛があってこそ達成される行為であり
単に己の快楽を得る為だけの性奴隷相手では成し得ない究極の関係なのです

そう、暴力に頼っていては何も生まれません、性奴隷が欲しかったなんていう輩はすべからく失敗するものです

「鞭打つな ムチムチボイン 縄縛り」

一方的な使役などでは快感の高みは得られません
共に協力してこそのセックス
相手を思いやってこその陵辱
「」さんも右手(左手・床・オナホ)を可愛がってあげてください

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今日はずいぶんまともだと一瞬でも思った自分がくやしい…

No title

暴力は犯罪です、薬は愛です

No title

>おじいちゃんの遺言です
おじいちゃんも虹色のお薬が必要な子だったのか
>「」さんも右手(左手・床・オナホ)を可愛がってあげてください
うるせえよ!

No title

最近は五・七・五に頼っててちょっとずるいよ…

No title

ふぅ、良かった
前半だけならコメントに困るところだったぜ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。