FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボット工学 注釈

android 人造人間
Augmented Reality 拡張現実

現実環境に対して情報を付加すること、またはその技術を拡張現実と定義

例えば、カメラ上の画像に対してその被写体に対する情報(被写体が人間であればその人物の名前や身体データ)
をリアルタイムに表示するような技術を指す

上記の場合、カメラ等の媒体を利用して現実環境に情報を付加しているが
人間の目自体にその機能があった場合はどうなるだろうか

文字としての情報だけに止まらず、映像としての情報を現実に常時付加されているとしたら?

今まで自分が信じていた現実は、全てその有り方を保証できなくなると思われる

自分が普段視覚情報により、りんごだと思っていたものが、実際は全く違った見た目かもしれない
味覚、嗅覚、触覚についてはなんの変化も無く、自分が赤いりんごだと思っている見た目が
実は真っ青なりんごであったりするかもしれない

この場合は
赤いりんご→拡張現実
青いりんご→現実

これがさらに目だけの話ではなく、五感すべてに拡張現実が適応されていたら

身近に存在する人間だと思っていたものが
全てロボットだったら

ある日覗いたカメラのファインダーに映った友達が
全身メタリックなアンドロイドだったら

現実世界に自分だけ欺かれていたら

その時、自分が人間であるという保障はどこにあるのでしょうか
もしかしたら、アンドロイドなのは自分であって、ちょっとした故障で狂ってしまったのかもしれません

似たような話が火の鳥にあったような気がしますね




コメントの投稿

非公開コメント

どうしたってんだ…

まともだ・・・
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。