スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔人の話

今日の話は魔人について

最近は世界も平和で魔人と呼ばれる人はめったに現れませんが
少し前までは結構な数の魔人の話を聞いたものです
そんな中でも珍しく近年確認された魔人の一人を紹介しようかと思います

魔人 東雲郁江
生年月日 1983年9月10日
血液型 B型
性別 女性
国籍 日本
出身地 茨城県つくば市

彼女は日本の片田舎で生を受けました
幼くして両親を亡くした以外はいたって普通の幼少期を過ごしていたらしいです
教育熱心な祖父母の薦めでいくつかの習い事をしていたようですが
本人はあまり生真面目な性格では無かったらしく、どの習い事も長続きはしなかったようです
小学校高学年の頃から髪を伸ばし始め、中学を卒業するころには腰よりも長い黒髪がトレードマークになっていました
魔人として覚醒したのは高校2年生の夏、折りしもノストラダムスの大予言で世間がにぎわっている頃
学校帰りの駄菓子屋でよっちゃんイカを食べ過ぎてむせたことにより能力を発現したと記録には残っています

彼女に発現した能力は
魔人の基本能力(身体強化、不老、飛行)
武装召還
歯磨きしている時にオエっとならない
プラモデルを作っている時に小さいパーツを無くしても必ず発見できる
電車に乗っている時は絶対お腹が痛くならない
晩御飯のおかず予想を絶対にはずさない
森本レオの物まねがすごく上手い
殺傷能力を持った武器・及び道具では傷つけられない
ヤクルトを飲んでも口の中に白いカスがたまらない
指定した空間の気体を全て酸素に変えられる(10cm四方~20,000㎥)

彼女の取得した能力は一般の魔人に比べれば数が多く、多岐に渡り
指向性の無い能力特性だと評されることが多いです
また、時空操作系・精神操作系・事象改変系の能力を含まない為
一般的な魔人よりも社会に与えた影響は少ないと考えられています
それ以前に、本人に魔人としての意識がまったく無かった為、調査機関に発見されるまでの5年間
魔人として覚醒していたこと自体誰にも知られていませんでした

現在は大阪のしまむらで店員として働いていますが、周囲のおばちゃんからは未だに嫁の貰い手がいないことを年中ネチネチと言われ続けることに対して
行きつけの居酒屋で愚痴を漏らす毎日を送っているようです

日本の魔人対策機関である農協第三部特殊農機具開発課の調査では
外見的には高水準の美貌をもっているが
・酒が入ると延々森本レオの物まねをし続ける
・カラオケの十八番が虎舞竜のロードで必ず13章まで歌う(つまり必ずカラオケ屋を梯子する)
・家事は得意のようだが冷凍庫を残り物でパンパンにしてしまう(捨ててもすぐパンパンにする)
・家では常にババシャツ+ジャージズボン(東北ではジャスと呼ぶ)上に宅配便が来てもそのままの格好で受け取る
上記が原因で今まで恋人ができたことは無いようだ

特殊農機具開発課では、魔人の暴走を恐れて精鋭を送り込み、彼女に彼氏を作ろうとしたが
全て失敗に終わっている(斡旋した彼氏は高収入高学歴のイケメンだったが全員農家の倅だった為)
その失敗をうけ、魔人暴走の原因となる可能性のあるしまむらのおばちゃん店員を排除しようとしたが
大阪のおかんで尚且つしまむら店員にまともな武力介入が成功するわけもなく
1週間の作戦に於いて農協職員の殉職者は100人を越えた

現在も存在する数少ない魔人の一人であるが
彼女の今後の目標は
「結婚はしなくてもいいけど子供がほしい、爺ちゃんがひ孫見せろって電話しつこいし・・・」
だそうだ
スポンサーサイト
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。