スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オナホの話

今日の話はオナホについて

普通のカップラーメンは謎の肉と卵と海老が入ってますよね
今時はコロチャーとかいう肉になって、昔の謎肉じゃなくなったようですが
謎肉の方がおいしかったです

そんな肉のことはどうでもいいのですが
問題は海老です

カップラーメンの話は別としても
皆さんシーフードって聞いたら何を思い浮かべますでしょうか
イカ、貝、魚・・・色々ありますけど
やっぱり海老って思い浮かべる人が多いと思います
蟹よりも海老のほうがシーフードっぽいと個人的には思います

ここでまたカップラーメンの話なんですが
普通のカップヌードルには海老入ってるのに
シーフードには海老入ってないんですよ
昨日初めてこれに気づいたんですが
誰も気にしてないんですかね?

一般的にシーフードって海老はどうでもいい感じなんでしょうか?
かくいう私も今まで気にならなかったくらいですから
大した問題ではないとは思うのですが
それでもやっぱりシーフードと言ったら海老が居ないと寂しい

といいますか、なんの変哲もないカップヌードルに海老が入ってて
堂々とシーフードをうたってる方には海老入ってないって
酷い話だと思うんですよね

アレルギー表示のとこもキッチリ海老だけ入ってないと書いてありますし
海老が何をしたというんでしょう
現代社会の闇を感じます
何故ここまで頑なに海老をシーフードからハブるのでしょうか

と色々憤ってみたんですが
ヤフーの知恵袋を覗いてみたら
「カップヌードルの海老は川海老だからシーフードには入ってないんですよ」
とご丁寧に記載されていました

じゃあ海の海老入れてくれてもいいじゃない!

と思ったら他のとこにはインド西海岸産とか書いてあるしもうわかんないよ!

スポンサーサイト

飲み物あれこれ

本日のお題は「飲み物あれこれ」

世の中様々な飲み物がありますが、皆さんの好きな飲み物はなんでしょうか?
私はお米のとぎ汁
いえ、おめこのとぎ汁

朝から何卑猥なこと言ってるんですか!更迭しますよ!

さて、飲み物といえばかなりアバウトすぎて、話をするにも範囲が広すぎます
そこでカレー
飲み物と言ったらカレー
「今日はみんなカレー食ってもいいのか?」
「おかわりもいいぞ!」
固形物もなんのその、世の中のピッツァにとって見ればまさにアムリタ
天上の飲み物と名高い甘露にも等しい喉越しと至福の時を与えてくれるでしょう
しかし、忘れないでいただきたいのですが、世の中のピザに言わせると
カレー=カレーライスです
つまり、飲み物なのはカレールーではなくカレーライスだと言うことを忘れずに
咀嚼なんて必要ないのです

しかし、一般的に言えば飲み物の代名詞と言えばわかめ酒
漢の浪漫と言われますがちょっと待った少し考えてください
わかめ酒と言う事は陰毛もっさもさでなければできないのです
そんなことはあってはならないエルフは無毛、あえて許されるギリギリの境界線がうぶ毛
勘違いしないで、じゃああわび酒ならいいの?と言われても答えはnicht
あわびじゃいけないスジなのです

そうスジ酒こそ漢のおマン
未成年者の飲酒は禁じられていますが未成年者の淫酒は禁じられていないかもしれません!

MAXコーヒーもSEXコーヒーにするだけで売り上げが倍増するかもしれません
「君と夜明けのコーヒーを飲みたい」
「あら、コーヒーだけでいいのかしら?」
「いえ、おっぱいも飲みたいです!」
「うふふたーんとおあがり」
ほらあまーい

暴飲暴食じゃない!ボイン暴触なんだ!いや・・・乱暴にしないで・・・乱暴にじゃなければいいのか!?

カモーン

おっぱいがしっぱい

きょうものんで きのうものんだのに
ちっちゃくならない きみのおっぱい
でんしゃのなかで さわらせてもらったら
いむらやの にくまんみたい
きょうものんで きのうものんだから
おっぱいがでかい きみのおっぱい
いつからもんだか 思い出せない
たくさんもんだはずなのに へんね
おっぱいが いっぱい(Check it out!)
おっぱいが いっぱい(break'n!)
おっぱいが いっぱい(Go Ahead!)
うれしいな さわりたい

思い出がおっぱい


  エロいブラジャーの中に 隠れて
  御褒美が おっぱい
  豊かな乳房の 下の
  汗疹は 夏場の痒みー

  胸はぼくらの楽園で
  垂れると 思いもしないね
  手に届くブラジャー 限りなく伸びて
  胸を包んでいた

  隣の奥さんの母乳 着るのまだ乳袋さ
  白スクは垂れてもきっと まだまだいけると信じてるね
  無理があったと いつの日か 思う時がくるのさ





とっても簡単自家製ドレッシング

本日のテーマはとっても簡単自家製ドレッシング

大寒を過ぎても寒い日々が続きますね
これから暖かくなるとは言えまだまだ外での運動はたーいへん
毎晩ベットの上ではハイパーオリンピックな皆さんも運動不足なのは否定できないかと思います
いいえ、うちは毎日ベットの上でくにおくんの大運動会よ!
というご家庭はいい加減嫁さんから格闘の指輪を奪い返してください
毎晩一方的すぎます

さて、寒さにかまけて運動不足な日々が続きますと心配なのはメタボリックシンドローム
端的に言いますと腹肉がやばいことになってしまいます
寒い時期というのはおいしいものも多いわけで
沢山おいしいものを食べたあとは炬燵でそのまま寝てしまうなんてことも多いかと思います
炬燵で寝そべり系フィギュアって感じですが
これじゃ太ってしまうのも仕方が無いですね
オナニー一回のカロリー消費量と言うと大体80kcal程度だそうです
そして一日に必要な摂取カロリー量は大体1500から1800kcal程度だそうで
そこから考えると一日にオナニー20回もすれば楽勝じゃない!とか考えてしまう人が居るかもしれませんがその通りです
そうは言っても1日20回のオナニーするくらいだったら運動するほうがまだ楽だと思いますが
それ以前にオナニーによって腎虚になり死亡とか笑えませんね
せめて腹上死で逝きたいと思うのは人のSaga
それはそれとして、80kcalというのはKw換算にすると0.093kw
あら大変、一回のオナニーじゃパソコンどころかDSやPSPすら動きませんね

一回のオナニーではエロゲも出来ないことがわかったところで、ではやはり摂取カロリーの方を減らす
べきだと言う話になるわけですが
え?セックスならもっとカロリー消費が激しいんじゃないかって?
おやおや「」さん、妄想ではオナニーよりもカロリー消費しませんよ

摂取カロリーを減らすと言えばやはり野菜をたくさん取ることですね
まぁ、結局野菜を増やすことによってタンパク質の摂取を控えましょうということなのですが
毎晩旦那さんのキュウリからフレンチドレッシングを乳牛も真っ青になるくらい搾り取っている奥様としては
タンパク質の摂取量が増えてしまってさぁ大変
メタボでもないのにお腹が大きくなってしまいましたとかクレームをつけられても当方は一切関知いたしません
関知はしませんが痴漢はいたしますとか
これじゃドレッシングじゃなくて奴隷ッシングを僕のサラダバーで御代わりし放題

やっぱりダイエットにはレイプが一番というお話でした


※よく考えてみたらオナニーでDS動きます

冬には鍋

今日のお話は冬の鍋料理について

冬と言えば鍋
鍋と言えばエルフ

やはり冬にはエルフ、日本の伝統とも言うべき伝統ですね
寒い季節には人肌が恋しくなるもので、家から一歩も出ないで一日中エルフと炬燵でのんびり過ごしたいものです
いたずら好きのエルフがこたつの中で足を伸ばして、私のきりたんぽにいたずらをするわけですが
こちらも負けちゃいられません
すばやく足を伸ばしてエルフの牛スジ肉に改心の一撃を放ったりしてしまいますと
炬燵の中から湿った音が響いてきたりして上は大火事下は洪水これなーんだ
答え:火照った体のエルフ
正解!
倍率ドン!さらに倍!
パイオツドーン!!!さらにおっぱーい!

そんな感じで彼女の透き通った肌がほんのり紅く染まる頃
外では雪がしんしんと降り積もっていくのが美しい
でも、雪景色より君の方が綺麗だよ
なんて言ってしまいますと雪景色どころでは無くなってエルフの股間でかまくらごっこ
僕の熊さんがかまくらの中で冬眠しようにもかまくらの中は大洪水
こりゃくまったなぁ

そんなこんなで冬の一日は過ぎていくのです

クリスマスに関しての話題はとくに無いのですが
メリークリトリスだけは言っておかないと駄目かなと思うのでした

今夜の晩御飯

今夜の晩御飯と今夜のまんこはんは似ている

「あなたー、今夜はとれたてピチピチのアワビよー」
「おや、こんなところにもアワビがクパァクパァだね」
「いやん汁気たっぷり」
「じゃあ僕は食い気たっぷりだな」
レーーーッツコーーーーンバイーン!!

さて、主婦の皆さんが毎日頭を悩ませているのが旦那のED
いえ晩御飯のメニューについてですね
そんな皆さんの為に簡単レシピをクックドゥーようこそここへクッククック私の青い鳥
この時点で賢い皆さんは「わかめ酒」と「女体盛」しか思い浮かばないかと思われますが
実際私にもそれしか思い浮かびませんので今回は女体盛の作り方で

女体盛と言っても様々で、親しい友人を呼んでのホームパーティーで大事な奥様を刺身でデコレートしたり
旅館の女将が大事なお客様の為に自分をブルマでデコレートしたり
エルフをハチミツたっぷりのクッキーやケーキでデコレートしながら「おや、こんなところにマロングラッセかな?」
「それはクリ違いよ」みたいな
「じゃあこっちの二つのさくらんぼ付きプリンを食べてもいいかな??」
「それはプリンプリンのおっぱいよ」とかとか
「じゃあこの桃を・・・」
「それは私のおいなりさんだ!」
どこをとってもジューシーな味覚で楽しませてくれます
でも思うんですよね、実際女体盛とかそうそうお目にかかれるものじゃないじゃないですか?
ちょっと仕事帰りに養老の滝によって「じゃあ俺女体盛一つ」とか簡単に頼めないもんですから
家に帰って愛する嫁さんが女体盛を用意しててくれたらこりゃあ感激です
まな板の鯉どころかマラ痛いの来い!とか準備万端で突っ込んでしまいます
やっぱり晩御飯には愛情が一番ということで

ここで一句
「女体盛 侘びはあれども サビ抜きで」
日本料理には侘びと寂と申しますが、女体盛のアワビにサビはえらいことになってしまいますよという粋な心遣い
和の心 守り続けたいですね
そうだ 京都でイこう (清水の舞台で青姦

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。