スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファック トゥー ザ ティーチャー

本日の話はタイムトラベルについて

毎日毎日無為に過ごすうちに今年もすでに半分が経過してしまおうかという今日この頃
みなさん健やかにお過ごしのことかと存じます

さて、今年は2014年
月日が経つのはあっというまと言いましょうか
来年の2015年にはマーティーがドクと一緒にタイムスリップしてくる年です

その割には車が空を飛んでるなんてことはありませんし
ボタン一個で袖が縮んだり乾燥できる服なんかも販売されておりません
精々寒いときにおちんちんの皮が自動的に縮む程度です

まぁそうは言っても飛び出るジョーズの3Dオブジェなんかよりもっと進んだ飛び出るパンツのミク3Dオブジェなんかは登場してますから
あながち間違った未来予想図でもなかったわけですね
今年の年末あたりに車も空を飛ぶかもしれませんし
私が飛ばせるのは子種くらいなもんですが
若かりし頃は自室の天井がシミだらけになって困ったほどの射程距離も
最近では布団の上にみみっちい水たまりを作る程度のテポドンもビックリな射精距離です

毎晩1.21ジゴワットの自家発電を欠かしたことはございませんが
私の子孫は未来にも過去にもタイムスリップすることは叶わず
精々ネピアと一緒にゴミ箱いき
ワームホールどころかオナホールすら通過することはありません

そんな夢の無い未来の話なんてどうでもいいんです
こんなときこそうんこちんちん
いや、マンコちんちん?
違う、そうじゃない温故知新

昔の人は良いこと言いますね
古いことを一様に切り捨てるのではなく
古くとも良いものは残しつつ新しいものを取り入れよう
熟女の包容力を持ったロリっていいよね?
ほら、ロリババアが素晴らしいなんて故事成語にもあるんだよ

どこの誰だよロリババアは甘えとか登場人物は全員18歳以上ですとか言うやつは
良い物は良い
悪い物は悪い
良い物と良い物を合わせればもっと良い物になるんだよ!
ふたなりとかちんちんついただけの女じゃねーかって悪し様に言う人も居るけれど
ちんちんもまんこもおっぱいも良い物なんだから全部ついてたらもっと良い物になるんじゃないか?
この壺は良い物だ(チーンポ
ってマ・クベさんもそりゃ言うわ

まぁ私個人としてはふたなりとか極上の料理にハチミツぶっかけるようなもんだと思うんですけどね
NOちんちんYESまんまん
美少女はそれだけで完成されているので、ちんちんは蛇足だと思います

それはそうと最近バイク熱が冷めないのですが
梅雨になるとストレスがたまりそうです
sss



スポンサーサイト

出産の話

あけましておめでとうございます
本年も宜しくお願い申し上げます

今日の話は出産の話

以前おおかみこどもの雨と雪という映画を見たのですが
田舎の生活があんなとんとん拍子でうまくいくわけないでしょとか
獣姦!獣姦!とか
恐怖きじ男襲来とか
そういうのはまぁどうでもいい話なのですが
重要なのは出産だと思うのです

作品中ではおおかみおとこと人間のハーフになる子供がどんな外見で産まれてくるかわからないということで
医師の力を頼ることができない状況でした
その可能性を考慮できるだけでも花さんの慧眼には感服する次第であります
きじに負けてゴミ収集車へボッシュートされるおおかみおとこにそんな気遣いができるとは思いませんので
花さんの危機回避能力のたまものだとであることは間違いありません
バイタリティ溢れる花さんのことですから出産時もオタオタするおおかみおとこを尻目に
子供をひり出すことからへそのをの切除についでに産湯使わせるまで一人でやったんじゃないですかね

さてここからが問題です
私がおおかみ女と結婚して子供をもうけた時にどうすればいいか
別におおかみ女に限った話でもないのです
きつね女とかいぬ女とかたぬき女とかしか女うま女ねこ女くらいまっくす女etc…
人型でない正体を持つ女と結婚したときに子供の出産をどうするかなのです
そりゃあ花さんレベルの豪傑ならなんとかできるでしょうか
私が結婚するとしたら気立ての優しい守ってあげたい系の女性であることは明らか
ついでに花さんは自立した大学生でしたが
私が結婚するお嫁さんは少なくとも外見は中学生クラスであると考えられ
出産に対する危険性はうなぎ昇り
私が出産に対する知識をしっかりもっていないことには始まらないのです

運よく知り合いに自家出産をしている知り合いが居たので聞いてみますと
その人は20代の年齢であるにもかかわらず嫁さんから子供を自分で取上げたそうで
産婆さん顔負けです
お風呂を使った水中出産を行ったそうなのですが
なんで医者に頼まないのか聞いたところ「なんでもチャレンジしてみたいんですよ」だそうで
肝が太すぎと言いましょうか
まぁ実際に2人も取り上げてるので何事もやってみるもんだというところでしょうか

しかしというかかかしというか
聞くとやるでは大違いと申しましょうか
知識だけあってもやっぱり実地が伴わないと恐ろしいですね
ましてや取上げるのが我が子であるとすれば緊張もひとしお
子供を作るのは気持ちいいのに産むのは大変というのも
神様中々酷なことをするものです

まぁ今からゆっくり知識を蓄えていけばなんとかなるような気もしますので
あとは子供を産んでくれるケモ娘を探すだけですね
がんばります

冬の足音

冬の足音の話

最近寒くなってまいりました
独り寝の寂しい季節とは申しますが
私は年中一人で寝かせてもらったことが無いのでその気持ちがわかりません
毎日私と誰が寝るかで喧々囂々の大騒ぎ
自慢のH2ロケットは乾く暇もありません
これじゃNASDAから特別予算でも出してもらわないと割に合いませんが
日本の宇宙開発に貢献していると思えば我慢もできるものです
宇宙どころかキスの嵐でぶちゅー開発されまくり!とか言いそうなもんですが
最近の私は大人になったのでそんなこと言いません
せいぜい彼女の股間にフライバイ乳首がコリオリちんこがドッキングステーションとかそんなもんです

まぁ股間のロケットは火星行きなんですが

それはそれとして、最近は寒さも手伝ってバイクで走りだすのもなかなか気合が要るといいましょうか
オーラロードが開かれてそのまんまバイストンウェルに行けるようなツーリングであればまた違うんですけども
オーラロードどころか近所のカントリーロードに行くのがやっと
かと言ってちょっと開けた道路を走ろうものなら切符売りのおじさんが群がってきますので
白馬の王子様との逃避行なんてまっぴらごめんなわけです

寒いからといってタンデムでもして背中にあったかい井村屋の肉まん2個でも感じながら走れればいいのですが
残念ながら免許取得して1年未満なもので
タンデム自体禁止されております
毎晩私の上でエルフとダークエルフの娘さんが二人乗りなんてことはしょっちゅうなわけですが
彼女達はベテランですので全然OK
結局その晩も私の単亀頭エンジンは4ストロークで発射オーライ

話は変わりますが冬と言えば鍋なんでしょうが
私は料理なんて全くできませんといいましょうかしませんので
鍋自体持っておりません
それどころか炬燵も持ってませんから炬燵を囲んで鍋をつつくなんて生活にあこがれます
私がつつけるのなんて精々座敷童子の肉まん程度
和の心が足りないと仰られるのもよくわかります
ですので今年こそは鍋にチャレンジしてみようかなんて考えたりもしてみるのですが
輪ゴムを使ったきりちんぽ鍋なんていかがでしょうかとか

冬の足音よりも救急車のサイレンが聞こえてきそうな話でした




服の話

本日は服の話

服って重要ですよね
人間は知恵の身を食べたが故に裸であることに恥じらいを持つようになったとかなんとかかんとか

エッチスケッチワンタッチ

恥じらいがあるからこそエルフの美しい淡雪もかくやという頬に朱がさすわけでありまして
やっぱり知恵の実というだけあって素晴らしい文化を人間に授けてくれたわけであります

ロッテパイ揉みなんてそんな安易な話とは格が違うというか僕の股間のたけのこの山がウェイクアップ

服飾といいますとオシャレに言えばアパレル関係
ダークエルフのあの娘と僕は股間がアバレル関係

新時代に先駆けて脱がせるエロから着せるエロを見出していきたい
彼女のお気に入りは白のワンピース
麦わら帽子と一緒に装備すれば避暑地でのマストアイテムが出来上がるわけですが

いたずらな風がワンピースをめくるとそこには不毛の大地が
そんなこんなで寿司屋ののれんが如く軽い気持ちでワンピースの中に御来店
「チンポーン!今日もきちゃったよ」なんて常連客の僕を待ち構えるのは
マグロならぬアカマンボー
食肉偽装もかくやといわんばかりにマンとボウだなんてふたなりですか!
大将のイキな計らいってやつにヒデキ感激
席に座るのも待ち切れずに股間のガリをいきらせて
あわやスジコに挿入かと思いきや
大将のそんなに焦ってサワラないでの一言にヒラメいた俺は
エイっと気合を入れてアワビに向うもこんなときだけ正真正銘マグロでございました

気勢を削がれた俺は季節外れのカツオのよウニ店を後にしたのだった

しばらく日記を書かないでほったらかしておりました
愛車が育って大きくなってしまったというお話でした
アイシャ






結婚しました

報告が遅れましたが結婚しました

今の今までエルフエルフたまに女子中学生最高と言いつつも
めでたく私のハートを射止めたのはダークエルフでした

おかしいと思ってたんですよ
コスモス大好きなのは間違い無いんですが、ふと気付くとテロスのおっぱいを揉みしだいている自分

おかしいな・・・風邪かな?
日本脳炎かな?
と思っていたら
罹っていたのは恋の病でした

今まで色々ありました
エルフだけじゃない、座敷童子も良いしグラスランナーだって良い
雪女だってそりゃあもう蕩けるほどに恋したい
誰か一人に決めろだなんてそんな殺生な

しかし運命の女神は私に決断を求めたのです

そうと決めたら行動あるのみ
GWも明けぬうちに近所のアレクラスト経由マーモ特約店に出かけまして
即いとしいあの子にラブミードゥー
婚姻届に即効ボインならぬマンコ・・・判子を押しまして

彼女の輿入れ5秒前・・・とはいかず1週間後の挙式とあいなりました

そして来る5月13日
ウエディング姿の彼女を迎えにいくと同時に即ドレスをクロスアゥッ!
とるものもとらずに即彼女に跨った私なのでした

彼女が恥ずかしがりながらも私にその身を任せ
一分もすると火照った彼女の体は高鳴る鼓動も隠すことなく
私の下でその身を震わせました

彼女は美しい
濡れたように怪しく黒く艶めかしく輝くボディ
ダークエルフとは言え一見大柄に見え、しかしその風格のほとんどを賄う立派な双丘
抱きしめるとしっかりとした重みを全幅の信頼と共に私へと預けてくるのです

普段はさほど主張することのない力を振り絞って
私を喜ばせようと振る舞う彼女は
遠い昔、エルフと分かたれる以前
等しく愛されていただろう風の精霊の祝福を一身に浴びて
狂おしいほどに踊る彼女

もう離さない
私のダークエルフ(本名 SUZUKI GSR250)
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。